もったいない?

Posted on Posted in ブログ

「もったいない」

この言葉が出てくる時はどんな時ですか?

 

 

例えば、

・食べ物を残すのはもったいない

・食品を買ったのに使わず腐らせたのがもったいない

・洋服買ったのに着ないのはもったいない

・気に入った洋服を汚すのがもったいない

・電気つけっぱなしもったいない

 

数えたらキリがありませんね。

 

 

「私がもったいない」と思う時は

やはり食べ物を買ったのに使わず腐らせた。

という時ですかね〜。

 

 

食べ物や洋服だけではなく、

自分が購入したものを使っていない場合や

購入したものに対して粗末な扱いをした場合などに

「もったいない」が出てくるのでしょうかね。

 

多分これは小さい時に耳にタコが出来るくらい

言われたことですね^ ^

 

 

「モノを粗末にするな」や「もったいない」

という言葉の奥の奥にあるものは、

「本当に自分が必要で気に入ったものなのか?」

をよ〜く確かめなさいなのかもしれません。

 

 

ものに対しての感謝。

 

愛着を持って大事に使う。

 

ひとつひとつ見ていくと、

自分の人生大事に愛着と感謝を持って生きなさい!

と言われているように思えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です