直さない

今起こっている現実は今の自分にとってベストな状態になっている。


奥底の自分が望んでいることが現実になっている。


その現実を経験し、何を味わいたいのか?何を感じたいのか?何のためにそれを行なっているのか?

なりたい自分→自分の美学に隠されてます。


なりたい!ってことは→なれないと思っているか?もともと備わってないか?
備わっているけどその自分を否定しているか?
備わっているけれど、自分の足りないと思っているところだから、そこを満足するまで補いたいか?

自分を否定したり、責めたりすれば自分を傷つけます。
令和になってからは、なりたい自分を追っても自分を傷つける世の中になって来ました。


「あなたは〇〇だよ」と言われたらほとんどの人が直そうとします。これからは直そうとしない。


はい。そうだよと受け入れる。


「多角的にものを見て」と言われても出来ないこと「あっ、私はこの人からみて多角的なものの見方が出来てないと見えるんだ」と受け入れる。

やろうとしない。←逆に振れるだけ←自分傷つける、壊れる。


自分の中で、「嫌いな自分」は特に皆さん「直そう」とします。

これをやるから魂傷つくし壊れる。


どんな自分も自分と認めること。

関連記事

  1. ラクリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP