怒りと不満のエネルギー

怒りと不満のエネルギーは、マイナスのエネルギーと言われます。
 
しかし本当にマイナスのエネルギーなのでしょうか?
 
この「怒り」「不満」のエネルギーを使って、プラスのエネルギーに転換することもあるのです。
 
 
私の場合はアスリート時代試合で、コテンパンに負けた時があります。
 
その時、 冗談じゃない!絶対見返してやる!
が自分の奥底から出てきて、そのエネルギーを糧に強くなった経験があります。
 
不満のエネルギーも同じく、こんな扱い許せない。
絶対に強くなってやる!
 
なんて「怒りと不満」のエネルギーを使っていました。
 
 
私の奥底の自分は勝負師なので、うまくマイナスエネルギーをプラスに変換していたのでしょうね。
 
今は変換しなくともオッケー!
怒りや不満が出た時には、こころと身体に素直に行動していたか?ここを自問自答すると良いですよ。
 
 
怒りや不満が出る時は「自分がそれは絶対にやらない」と決めていることを相手が平気でやる事。
 
元々自分の奥底がその怒りと不満の元、隠しておきたい自分がいる事。
ここを見ていくと良いのではないかな?
 
気づけば楽になるよ。

関連記事

  1. ラクリア  高岸陽子
  2. ラクリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP