私たちは知らない中にいる


自分の中の価値基準で、知っていることが価値が高くて、知らないことは価値が低いとなっていませんか?




知らないことが恥ずかしいことになっていたり。




知らないことは知っている人、得意な人に聞いたらいい。当たり前のようですが、これに抵抗がある方がよくいます。




私たちは「知らない中」にいるのです。




知っていることのが少なく、知らないことが当たり前。




知っていることがすごいことです。




逆に、何かについて詳しく知っていたとしても、それは広く見れば極一部のことなのです。




それで全て知っていると思うのも井の中の蛙。




知っていても知らなくても大したことはないのです。自分が興味を持ったこと、やりたいことをやっていたら、知っている枠が拡がっていく、ということです。


















関連記事

  1. ラクリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP