拘りの反対は?

皆さんは自分が何に拘っているのか?を観ていますか?

いつも言っていますが、自分の中の、欲、執着、嫉妬、拘り、情、これは一生なくならない。ですが、少なくしていくことはできる。どんな時に出るのか?に気付いて大したことないまで落としていくことなのです。

「拘り」これを捨てようと思っても中々捨てられないのです。

では、拘りの反対は何でしょうか?

「好奇心」

自分の中の好奇心、ここを観てみるのも気付きやすいですよ!

ラクリアでは色々な角度から観方をお伝えしています。

関連記事

  1. 高岸陽子
  2. ラクリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP