寂しがりやはカッコ悪いのか






人には喜怒哀楽があります。




楽しいのだけが良いのではありません。




楽しいの反対には、哀しい、寂しい、この両方があってバランス取れているのです。




哀しい、寂しいは嫌!で、無くそうとする、抑えるをするからおかしくなる。




哀しい、寂しいなんて言ったらカッコ悪い!とか、、これは美学です。




「寂しがりやな自分もいる」と認めていけばよいのです。




寂しいのが価値低い




楽しいのが価値高い




と、自分の中でなっているならば、そこに気付き大したことはないまで落とし込むことです。








関連記事

  1. ラクリア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP