自分に合った自分なりの観方を

「あの人が嫌」

「あの人がいなければ」

これは”あの人の問題”ではなく、
そう感じる自分の問題です。

嫌な人をどうこうするのではなく、
自分が気付けば現実は変わります。

嫌なあの人が自分の前からいなくなる場合もあるし、
居ても何とも感じなくなったり、

嫌なあの人は、自分が気付く為にとても重要な役割をやってくれているのです。

どこが、どんなところが気になるのか?
自分の内をよく観ることです。

頭の中で考えると出てこないことも。
書き出してみたり、
人に話してみたりも一つです。

いつも同じではありません。
人がこうがいいと言うからでもありません。

自分に合った観方を自分なりに見つけていくことです。


関連記事

  1. ラクリア  高岸陽子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP