要求や要望が通るには

自分の要求や要望が通るには、

「対等でいなければ通らない。」

「下になったら押さえつけられる。」

こんな思い込みがあると、

対等でいようとしたり、

上から出たりしようとする。

何か思考で考えたことが叶うには、武器が必要と思っているから、上からの命令を使ったり。

自分の要求、要望が通るのに、上や下、対等であることは関係ありません。

その人に必要であれば「なる」だけです。

自分の奥底の願い、要求、要望は叶いやすくなっています。

叶わないのはそれで気付くことがあるから。

こうでなければ叶わない。こういった自分の中の思い込みや、握りしめている価値観や美学に気付くことです。




関連記事

  1. ラクリア  高岸陽子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP